勉強に集中するために効果があった方法を紹介【自己学習】

その他の記事

こんにちは、ブタエンジニアです。

プログラミングに限らず家で勉強をしているとどうにも集中できない、ほかのことを考えてしまうといったことはありませんか?私も学生時代は勉強が苦手で全く集中できない人間でしたが、色々と試行錯誤した結果、無理なく1日に8時間以上勉強できるようになりました。

この記事では勉強に集中するために実際に効果のあった方法を紹介します。集中して勉強することが苦手な方も、この記事を読めばきっとうまく勉強できるようになるはずです!

集中できないパターンは3つ

勉強に集中できないパターンは大きく3つに分かれると思います。

  • やる気が出ない
  • 長時間勉強できない
  • 長期間勉強できない

やる気が出ない

そもそも机の前に座るまでができないパターンです。ゲームやスマホをやってしまったり、眠くて勉強のやる気が出ない状態です。

長時間勉強できない

勉強は始められるが、すぐにほかのことに気が向いてしまったりして集中できない状態です。一番このパターンで悩んでいる人が多いのではと思います。

長期間勉強できない

1日に長時間勉強できるようにはなったが、長い期間で勉強ができないパターンです。勉強の成果が出ずやる気をなくしてしまったり、勉強の計画がしっかり立てられていないと長期間続かなかったりします。

【パターン別】勉強に集中する具体的な方法

管理人
管理人

ではパターン別に集中する方法を見ていきましょう!

やる気が出ない

とにかく机の前に座って勉強に取り掛かる

勉強のやる気を出す一番の方法・・それは

とにかく勉強に取り掛かる

これに尽きます。

これは心理学者クレペリンが見出した作業興奮と呼ばれるもので、「いざ作業を始めてみるとやる気が出てきて作業が続いた」という状態です。

例えば

  • プログラミング・・普段使うエディタや教材を開いてみる
  • 試験勉強・・問題集を開いて1問解いてみる

といった感じですね。

勉強を始める前から「今日8時間も勉強しなきゃいけないのか〜」などと思っているとやる気が全然出てきませんが、まず手を動かしてみると意外と勉強が続いていきますよ。

スマホの電源を切る&漫画などは部屋に置かない

勉強にとりかかる前についついスマホや漫画で時間を浪費してしまい、気がついたら時間がめちゃくちゃ時間が経っていた・・ということはありませんか?

勉強に集中したいなら

・スマホの電源を切る

・漫画などの娯楽物は部屋から撤去する

この2つは徹底しましょう。

これらは勉強のやる気を妨げるだけでなく、せっかくやる気が出て勉強に集中している状態でも視界に入ると集中力を削ぐ原因となります。

スマホと娯楽物は休憩中に観るようにするなどして、勉強を始める前に触らないようにしましょう。

睡眠時間をしっかりとる

眠気はやる気の天敵です。
なぜなら眠いと頭がぼーっとして知能活動できず、スマホや漫画など頭を働かせなくていい楽な行動に逃げてしまうからです。

適度な睡眠時間は7時間ほどと言われていますが、私の場合だと8〜8.5時間ほど寝た場合が朝起きたときに最も調子がよかったので、自分に合った睡眠時間を知ることが大切です。


しかし「しっかり睡眠を取ろう」と言われても、そもそも寝つきが悪くて眠れないこともあると思います。その場合、市販の睡眠薬を使ってみるのも良いと思います。私もどうしても寝つきが悪いときは服用していますが、すぐに眠りに入ることができるためオススメです。

長年使っていますが、副作用なども全く出ないので眠れなくて悩んでいる方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

長時間勉強できない

ポモドーロ・テクニック

長時間勉強するために私が最も効果があった方法がポモドーロ・テクニック」です。

これはイタリアのコンサルタント、フランチェスコ・シリロが編み出した時間管理術で、仕事や勉強などのタスクを25分続けた後に5分休憩をとるといったサイクルを繰り返すことです。

具体的な方法は

ステップ1:実行するタスクを決める。
ステップ2:タイマーを25分に設定。
ステップ3:タイマーが鳴るまでタスクを行う。
ステップ4:タイマーが鳴ったら作業を終了し、「今日やること」シートにチェックマークを付ける。
ステップ5:5分間の休憩を取る。
ステップ6:ポモドーロを4回した後に長い休憩(20〜30分)を取る。

フランチェスコ・シリロの公式サイトより

私も実際に実践しており、適度な作業時間と休憩を繰り返すことにより、集中力を削ぐことなく勉強を続けることができました。

ポモドーロ・テクニックはアプリから使うことができるのでぜひダウンロードしてみてください!
本当におすすめです!

GooglePlayはこちら

Focus To-Do: ポモドーロ技術 & タスク管理 - Google Play のアプリ
Focus To-Doは、ポモドーロタイマーとタスク管理を組み合わせたアプリです。ポモドーロタイマーは集中力持続に関する科学的根拠に基づいており、集中力を効率よく維持してタスクを行うことができます。 Focus To-Doは、ポモドーロテクニックとTo Do Listを1つに統合したアプリです。To Do Listへ...

App Sroreはこちら

‎Be Focused - Focus Timer
‎タスクを続けることは、画面に束縛されている私たちのような世代には非常に難しいことです。Be Focusedは、個人のタスクを短い休憩で分割し、身元を隠した複数の個人の間で分担作業することによって処理します。これは、作業に対するやる気と集中力を保持するために驚くほど効率てな方法です。タスクの作成、休憩時間の設定や一日、...

ポモドーロ・テクニックについて書かれた本はこちら

ゴールデンタイムを活用する

勉強の種類によって適した時間帯があることはご存知ですか?

一般的に脳が最も活発に働く時間帯は朝の起床後3時間と言われています。したがって思考力が必要な勉強や難易度の高い作業は午前中にやってしまうと効果的です。

一方、昼食後の午後〜夕方は眠気が襲ってきたり、午前の頑張りから勉強がダレてくる時間帯です。この時間帯は比較的負荷の少ない勉強をするのがオススメです。

午前・・思考力、集中力が必要な勉強。

午後・・インプット系など脳の負荷が少ない勉強。

自分はプログラミングの勉強をするときは

・午前・・オリジナルアプリの設計、開発

・午後・・技術書を読む。動画教材で勉強

といった感じで脳の負荷具合によって分けていました。

このように脳の働きに沿って勉強内容を変えることで効率よく勉強することができます。

カフェなど家以外の場所に移動する

家での勉強で集中力に限界を感じたら、カフェや図書館など家以外の場所に移動して勉強してみましょう。環境が変わると気分転換になりますし、目的地まで歩くことでもストレス発散になりますよ。

私はよく「午前中は家で勉強 → 午後からはカフェで勉強」をやっていました。
カフェでは特にスターバックスをオススメしています!オススメ理由としては以下になります。

  • 適度な雑音+リラックスできるBGM
  • 勉強している人が多いので周りの目が気にならない
  • wifi完備
  • 大体どこの街にもある

カフェが近くになければ図書館やコワーキングスペースなども良いと思います。
ずっと家の中で息が詰まる、集中できないと感じたら外に出てみましょう!

長期間勉強できない

習慣化する

長期間勉強を持続させるのに最も効果的だったことは習慣化することです。
極端な話をすると、空いた時間は全部勉強に費やすくらい習慣化してしまうことです。うまく習慣化できるようになると勉強していない自分に対して罪悪感が芽生えてくるようになり、非生産的なことを無意味だと思うようになってきます(無駄な飲み会、TVゲームなど)。

では、どうやって習慣化していけばよいのでしょうか。習慣化するにはまず1日8時間以上勉強してみましょう。最初はめちゃくちゃ疲れると思いますが、まず1日必死になってやってみることです。そして次の日は休んでその次の日はまた8時間以上勉強します。2日に1回勉強することに慣れてくれれば次は2日間勉強して1日休むようにしましょう。こうやって段階的に勉強する時間を増やしていくことでストレスを最小限に抑えて習慣化していくことができます。

気合いを入れてはじめから毎日8時間以上勉強していくと途中でストレスが限界を迎え、3日坊主になってしまうので段階的に勉強時間を増やしていきましょう。

目標とプランを立てる

長期的に集中して勉強するコツの2つ目は目標とプランを立てて、計画的に勉強することです。

目標を立てずに勉強することはゴールの見えないマラソンのようなもので、終わりが見えずモチベーションが保てないものです。その結果、途中で勉強の結果が出なかったりすると挫折しそうになります。なのでまずは目標を持つことからスタートすべきです。

目標は自分が達成したいものだったらなんでもいいと思います。プログラミングを例にすると下記のような内容で大丈夫です。

・オリジナルアプリを作成する

・基本情報試験に合格する

目標を立てたら実現するためのプランを考えましょう。
私のやり方ですと、

  1. 目標までの期間を把握する(1年後に試験があると仮定)。
  2. 試験内容のボリュームを把握し、12等分する(1年=12ヶ月)。
  3. 毎月に勉強するべき量を把握する。
  4. さらに4等分し(1ヶ月=約4週間)、毎週勉強するべき量を把握して勉強を行う。

といった風にプランを立てていました。

もちろん人それぞれやり方が違うので自分に合ったプランの立て方で勉強を進めていけるといいですね。

まとめ

勉強に集中する方法について、パターン別に紹介しました。
まとめると

勉強に集中する方法まとめ

・やる気が出ない
 1.とにかく勉強にとりかかる
 2.スマホの電源を切る&娯楽物を部屋から撤去する
 3.睡眠時間をしっかりとる
・長時間集中できない
 1.ポモドーロ・テクニックを使う
 2.ゴールデンタイムを活用する
 3.カフェなど家以外の場所に移動する
・長期間集中できない
 1.習慣化する
 2.目標とプランを立てる

これらの方法は私が実際に試して効果があったものなので、読者の方も自分で色々な方法を試してみて自分に合った集中方法を見つけていければと思います。

また下記の本も面白い内容だったので参考にどうぞ。

コメント