アラサーからエンジニアを目指しても遅くない4つの理由

IT企業への転職

こんにちは、ブタエンジニアです。
今回は、新卒でもなければIT系の学校に通っていたわけでもない、年齢もそこそこいってる・・・

でもエンジニアになりたい!

と思っている方へ向けた記事を書きました。

Aさん

異業種からエンジニアになりたいけど情報系の学校出てる人には今から勉強しても勝てなさそう・・

年齢だってみんな自分より若いし、そもそもお金も時間もないから無理かな..

このように思う方も多いと思います。

しかし未経験アラサーからエンジニアへ転職をした自分の経験からいうと、
まったく遅くありません。
そして今は時間とお金を最小限に抑えてエンジニアになれる環境が整っています。

その理由は、

  • 駆け出しエンジニア用のコンテンツが豊富。
  • 人手不足のため、年齢に関係なくしっかり技術を身につければ稼ぐことができる。
  • 現役エンジニアで勉強熱心な人は一握り。努力すれば勝てる。
  • 人生100年時代、1つの会社、1つの業界で働き続けることが不可能になってくる。

ではでは、順番に見ていきましょう。

今からエンジニアを目指しても遅くない理由

駆け出しエンジニア用のコンテンツが豊富。

Bさん

エンジニアになりたいですが、まず何から手をつければいいかわかりません。

管理人
管理人

そんな人のために今ではプログラミング学習サービスがweb上でたくさん展開されていますよ!

webで学べるプログラミング学習サービスを見てみると、

初心者用サービス
初心者〜中級者用サービス
その他

などレベルに合わせた学習サービスが揃っており、独学で学ぶ環境がすぐ手に入ります。
また、teratailMENTAはプログラミングでわからないところがあれば経験豊富なエンジニアに質問することができるため、

技術書を買って勉強→エラーで詰まって挫折

といったことを回避できます。

ほかにもスクール形式だと

スクール形式

・SkillHacks
Raise Tech
TECH::CAMP

などがあります。上記3つともオンラインで学ぶことができる学習サービスです。

スクール形式の特徴はカリキュラムに沿って学ぶことで、体系的にプログラミングを学ぶことができるところです。
また、上記3つのどれもが、講師の方に不明点を質問できるため、わからないところがあったり、難しすぎて挫折・・といったことがありません。

人手不足のため、年齢に関係なくしっかり技術を身につければ稼ぐことができる。

IT企業は全体的に人手不足に悩まされています。
どこもスキルのあるエンジニアが欲しい状態ですので、しっかりと技術を身につければ稼ぐことができるのは業界として大きな魅力ですね。

2018年に経済産業省が出した、「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によれば
2030年には41万〜79万人のIT人材が不足するという結果が出ています。
今のうちにエンジニアとして実力をつけていれば、将来仕事に困ることはなさそうですし、お金を稼ぐことができます。

経済産業省

また、エンジニアが現場に入ると月単価いくらで仕事をするのか決めるのですが、こちらの単価も上昇傾向にあります。

日本ニアショア開発推進機構エンジニア単価情報2019年版レポートを発表しており、この中で役割別エンジニア単価情報が掲載されています。

この中でプロジェクトマネジメントとプログラミングの仕事を見てみると、

プロジェクトマネジメント
2018年参考価格(月額) 2019年参考価格(月額) 増減幅
1,136,000 1,232,000 8.5%
プログラミング
2018年参考価格(月額) 2019年参考価格(月額) 増減幅
697,600 720,000 3.2%

以上のようになっており、2018年に比べて単価が上昇していることがわかります。

現役エンジニアで勉強熱心な人は多くない。努力すれば勝てる。

これはIT企業に入社して感じたことですが、
プライベートでも勉強しているエンジニアはそんなに多くありません。
多くの人は業務内で身につけたスキルで仕事を回しているか、若い頃に勉強した貯金で仕事をしていると感じました。

「プライベートでは一切勉強したくない」と言っていた社員のこと

上記のアクシアさんのブログでは、自主勉強しなかったことによって周りにだんだん差がつけられるAくんが登場しますが、実際この通りで、勉強しないと平凡なエンジニアになります。
ところが経験年数は長いのにスキルがイマイチというエンジニアは意外と多いのが実情です。

過去の現場で40代の先輩エンジニアがいましたが、家にパソコンがないため自主勉強せず、あまりスキルがなかったため雑務系の仕事ばかりをしていた方もいました。
逆に言えば勉強を続けていけばスキルが伸びていき、まわりに差をつけることができます。

人生100年時代、1つの会社、1つの業界で働き続けることが不可能になってくる。

政府が人生100年時代を想定し、働き方改革などの政策を打ち出していることはご存知だと思いますが、下記の資料にあるように個人の学び直しにも力を入れていく方針となっていますね。

働き方改革実行計画概要   首相官邸HPより

新卒で入った会社で一生働くというキャリアプランはすでに過去のものとなりつつあります。
廃れていく産業、伸びていく産業がある中で古い体質の会社にいつまでもいると、30代、40代にもなっても市場価値の低い人になりかねません。

大企業の富士通が2850人の早期退職者を出し、経団連会長が「経済界は終身雇用なんてもう守れない」と発言してるように、会社に守ってもらう生き方から、個人で稼ぐ時代になってきています。

したがって、人生の節目節目で学び直しの機会を設け、将来に備えたスキルを柔軟に身につけていくというスタイルがこれから主流となっていくのではないでしょうか。
これはリンダ・グラットン著のLIFE SHIFT(ライフ・シフト)にも書かれている生き方です。

100年ライフでは、家族と友人、スキルと知識、健康と活力などの無形の資産を充実させることの重要性が高まり、そのための投資が必要になる。家族や友人と過ごす時間、教育とスキルの再習得にかける時間、エクササイズをする時間に投資しなくてはならない。長い人生を生きる人には、これらの資産への投資、とりわけ教育への投資が不可欠だ。

LIFE SHIFT(ライフシフト)

IT技術を身につけ、自分で稼げる人材に

あらゆるものがテクノロジー化し、AIによる仕事の自動化が進んでいる今、IT技術はこれから必ず必要とされる技術となってきます。

IT業界ではすでに人材不足が叫ばれていますが、これは理由②で書いたように今後しばらく続くと思います。

IT技術もいずれ廃れていく時代がくるかもしれませんが、今新しくスキルを身につけるならば、IT技術一択だと断言できます。

まとめ

アラサーからエンジニアを目指しても遅くない理由について書いていきました。

今の20代、30代が定年退職するころには定年は70〜80歳といったところでしょうか。
定年が70歳だとしても30歳からプログラミングを始めたとして40年も働く期間があるわけです。

何かを始めるのに遅すぎるということはありませんし、IT業界へ転職したいと考えているならば、ぜひ前向きに検討して欲しいと思います。

コメント