SESで働いて感じたメリット&デメリットを書いてみる【IT業界】

ITの仕事について

転職活動でIT企業を探しているとけっこうな確率でSESの会社を見かけませんか?
ネット上ではSESについて様々なことが書かれており、なかにはネガティブなことも書かれてたりしますよね。

この記事では私が実際にSESに勤めた経験をもとに、SESで働くメリットとデメリットを紹介しようと思います。

あなたが「SESの会社に応募しようか迷っている」、「SESに内定が出たが承諾して良いか判断できない」などの状況でしたら、この記事を読めば多少なりとも参考になると思います。

そもそもSESとは?

SESとはシステムエンジニアリングの略です。
SESについて、ENGINEER.CLUBさんによると

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、クライアントに技術者を派遣することです。具体的には、クライアントのシステム開発やインフラ環境構築・運用を行う為にエンジニアの技術を提供するサービスを指します。その際にクライアントとベンダー間で契約を結びますが、クライアントの要望によって契約形態が異なります

ENGINEER.CLUB

簡単に説明すると

お客様先の会社に常駐し、技術的なサービスを提供する。

という内容です。

図示するとこんな感じ。

PM = プロジェクトマネージャー PL = プロジェクトリーダー プロパー = 企業の生え抜き

基本的にはユーザー企業から発注を受けた企業(SES会社からみたクライアント企業)の現場に入り、クライアントの社員と一緒に開発を行っていきます。
図では一次受け企業とありますが、二次受け、三次受けの企業に入ることも当然あります。
また、一つの現場に複数のSES企業から技術者が入ることもあります。(図のSES企業ASES企業BSES企業C

雇用形態について

クライアントの現場で働く場合の雇用形態が複数あり、現場によって変わってきます。
基本的にはクライアントの要望により次の3つのどれかの雇用形態で現場にはいることになります。

  • 準委任契約
  • 派遣契約
  • 請負契約
雇用形態指揮命令系統約束内容
準委任契約雇用者(自社)技術サービスの提供
派遣契約クライアント企業(お客様)技術サービスの提供
請負契約雇用者(自社)成果物の完成

準委任契約と派遣契約の違いについて

準委任契約も派遣契約も働き方としては「クライアントの現場に入り技術サービスを提供する」という点は同じで、働いた時間によって支払われる報酬が変わってきます。違いは指揮命令系統にあります。準委任契約は業務請負の一種なので、労務管理や指揮命令をクライアントが出すことはできません。

対して派遣契約ですと指揮命令系統がクライアントにあるため、例えばクライアントが派遣労働者に残業を指示することもできます。

請負契約について

請負契約はクライアントから業務の以来を受けて成果物を完成させることで報酬を得ます。報酬の対価が時間と技術サービスでないところが準委任&派遣との違いです。成果物を納品しないと報酬を得られないため、シビアな現場が多いようです。

請負の場合は自社に持ち帰って業務を行うことが多く、客先で働くことは準委任&派遣と比べてあまり多くありません。

管理人
管理人

ではメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット

様々な案件に携われるので技術を幅広く身につけられる

SESは基本的にクライアント先で働くことになります。クライアント先でプロジェクトに参画し、長ければ2〜3年、短いと半年くらい働き、プロジェクトが終わればまた別の現場にアサインされます。

現場ごとに扱われている技術は当然異なってくるため、様々な技術に触れることができます。受託や自社開発の会社だと新しい技術を取り入れて開発を行うのはそう簡単ではないため、SESで働くメリットと言えます。

案件ごとに異なる人と働くためコミュニケーション能力が身につく

様々な現場で働くため、当然多くの人と接する機会が増えます。そしてコミュニケーションをとる相手は基本的にクライアント(お客様)になるため、コミュニケーションのとり方に問題があると仕事にかなり支障出てしまいます。
逆に言えばSESでクライアントと一緒に働くことでエンジニアとしてのコミュニケーション能力はどんどん鍛えられていくでしょう。

エンジニアのコミュニケーションについては下記の記事でも書いてあります。

社外で知り合いができる

様々な現場で働くことで、社内以外の知り合いができるのもSESの良いところです。クライアント先で結果を出して認められれば社外でも評判が良くなり、別のプロジェクトに参画させてもらえることもあります。また、将来フリーランスを考えている方も業界内に知り合いが多ければ仕事を紹介してもらえることもあるでしょう。

社外の優秀な人に仕事を教えてもらえる可能性がある

SESで働いていると、社内で出会えないような優秀なエンジニアの方と一緒に働く機会があったりします。基本的にはクライアントからシステムの仕様などを聞くことはあっても技術の指導などはあまりないのですが(こちらが技術を提供する側のため)、プロジェクトに余裕があったり、クライアントの中にエンジニア全体の技術を上げようという意識がある方がいたりすると色々教えてもらえる場合があります。

メリットまとめ

・様々な案件に携われるので技術を幅広く身につけられる
・案件ごとに異なる人と働くためコミュニケーション能力が身につく
・社外で知り合いができる
・社外の優秀な人に仕事を教えてもらえる可能性がある

デメリット

会社の都合で案件が変わることがある

SESはエンジニアが現場に出てお客様からお金をもらうことで売り上げをあげています。なのでSESの会社の中には売り上げ史上主義になり、エンジニアの成長よりもまずお金を稼いでくることを優先されることも少なくないです。例えば下記のようなケースです。

今の現場でようやく仕事や技術を把握できそうなタイミングで、別の案件のほうが単価が高いためそちらに回される。

Javaの現場を希望したのに単価が高いという理由でCOBOLの案件に入れられる。

こういった会社は会社自体にエンジニアを軽視する考え方が根付いているので早く転職したほうが良いと思われます。

自分の実力以上の仕事を振ってもらえないことがある

新人を教育する余裕がないところだと、ひたすらテストや雑用業務を振られる可能性があります。
また中には「開発をやりたいならテスト業務を最低3年間やる必要がある」などと平気で嘘を言う会社もあるので気をつけたほうがよいです。

たしかにテストや雑用はシステムの把握やエンジニアとしての基礎力をつけるうえで有効ではありますが、ずっとテストや雑用ばかりだといつまでも開発や設計の技術が身につかないので、そういった場合は会社に相談するか転職を考えましょう。

自社との繋がりが薄い

これはSESである以上しょうがないことですが、自社の社員と会う機会がほとんどなかったり、帰社日で自社に戻っても顔見知りがいなかったりします。営業の社員だったり直属の上司だったらまだわかるのですが、それ以外の社員はほんとにわからない・・ということがあります。

客先常駐が基本なので、自分はどこの会社の社員なのか・・と思ってしまうことも。もちろん客先で良い人間関係を作れればあまり問題ないのですが受託や自社開発などの企業と比べて繋がりは薄くなりやすいと思います。

経歴を盛られて現場に入り辛い思いをする可能性がある

例えば新人の社員を経歴2年などど偽って現場に入れて、高い単価を得ようするSES会社が結構あるみたいですね・・。これはエンジニアとクライアントどちらも得をせず、SES会社だけが得をするという本当に酷い行いだと思います。

これも1つ目のデメリットで書いたのと同じで、会社が売り上げ史上主義になっているために起こってしまうようです。
SESの会社に入社を考えている方は、その会社がエンジニアファーストなのかしっかり調べる必要がありますね。

こちらで株式会社メイプルシステムズのもっち〜さんが経歴詐称に関してNoteを書いているので見てみると参考になると思います。

note ご指定のページが見つかりません

こっちはTwitterで情報発信している進撃する人がSESで勤めていたNorikiさんにインタビューしているのでこれも参考になると思います。

SES契約で働いてもスキルがつかないのか?SESからフリーランスになったのりきさんにインタビューしてみた
こんにちは、進撃する人です。 ツイッターでプログラミングスクール卒業後の就職先などで「SES」の業態で話題にな…
デメリットまとめ

・会社の都合で案件が変わることがある
・自分の実力以上の仕事を振ってもらえないことがある
・自社との繋がりが薄い
・経歴を盛られて現場に入り辛い思いをする可能性がある

まとめ

SESの会社についてメリットとデメリットを書きました。
未経験からエンジニアになろうとすると、SESの会社に入社するのが一番早かったりします。しかしSESにも良いところ悪いところがあるので、それらをしっかり見極めて転職活動を行うことが大事なんじゃないかなと思います。

コメント

  1. […] SESで働いて感じたメリット&デメリットを書いてみる【IT業界】転職活動でIT企業を探しているとけっこうな確率でSESの会社を見かけませんか?ネット上ではSESについて様々なことが書か […]

  2. […] SESで働いて感じたメリット&デメリットを書いてみる【IT業界】転職活動でIT企業を探しているとけっこうな確率でSESの会社を見かけませんか?ネット上ではSESについて様々なことが書か […]