新人、未経験者はSESを選ぶな!その4つの理由

ITの仕事について

こんにちは。ブタエンジニアです。今回はSES企業についてのお話をしたいと思います。

現在SES企業はIT企業の多数を占めており、多くのIT技術者がSESという業務形態で働いています。
大学を卒業したばかりの新卒社会人、他業種からIT業界へキャリアチェンジしてきた未経験者、こういった方でSES企業へ入社される方も多いのではないでしょうか。

しかし私の経験上、SESという働き方は決して新人に向いてるとは言えません。むしろ業務の経験がなく技術力もない状態である新人はSESは避けるべき働き方だと思っています。

この記事では、新人はSESを避けるべき理由を4つ紹介します。
そしてSES以外でどういった企業が良いのかという話もしていきます。

SESとは?

SESは「システムエンジニアリングサービス」の略称で、技術者をお客様の現場に派遣する業務形態のことです。SES会社に所属すると技術者として様々な現場に派遣され、そこでシステム開発の仕事に携わることになります。

SESについて、下記リンク先の記事で詳しく書いてあるのでぜひ見てみてください。

ではなぜ新人はSESを避けるべきかについて説明していきます。

SESが新人向きでない理由

客先の中で仕事をするためすぐに成果が求められる

SESで現場に派遣されると、基本的にはお客様の会社でその会社の人間と一緒にシステムを開発していくことになります。そしてお客様からすると、「社外からきた人間は技術力を提供してくれる」という認識でシステム開発の現場に入れてくれます。

それが技術力がない新人だと「技術力の提供」といった観点で貢献ができず、成果を出せない状態になります。そうなるとどうなるか。

  • お客様から厳しい叱咤をうける。
  • 自社の上司からなぜ成果を出せないのか詰められる。
  • 現場を退場させられる。

など辛い状況に陥り、鬱になったり最悪退職することになったりしてしまいます。

SESでは新人が現場で疲弊するといったことはよくあることで、
「新人はこれらのサバイバルレースを生き抜いた奴だけ生き残れる」
といった方針のSES企業も存在するくらいです。

開発の経験が身につかず、時間だけが過ぎる恐れがある

新人は技術力が未熟なので基本的にコードを書いたりなどはせず、テストやドキュメント整備などの簡単な仕事を振られることになります。

将来的に開発や設計などの仕事を振ってもらえそうならいいですが、客先で自社の先輩も余裕がない状態だと、ずっと単純作業の仕事しかやらせてもらえない可能性があります。

普通の会社なら、「新人にちょっとレベルの高い仕事をやらせてレベルアップしてもらう」といったことをすると思うのですが、SESだとそういったことをする余裕がないことも多々あります。一年経っても二年経っても誰でもできる仕事しか振ってもらえない・・ということもあり得ますので成長の機会を奪われることになってしまいます。

この話については下記の記事がめちゃくちゃ参考になります。

十分な研修もなく現場に1人で放り込まれる可能性

研修ありという条件で採用したにも関わらず、十分な研修をせずに現場へアサインさせるSES企業も存在します。そういったことをする企業は社員の経歴を盛って現場にぶち込むので客先も迷惑ですし、新人のほうも技術力があるという触れ込みで現場に入るので、実際とのギャップで客先で詰められ辛い思いをしてしまいます。

これはSES業態の会社が悪いというよりは完全にその会社自体が悪いのでなんともいえませんが、新人からするとこういった会社を入社前に判断することは難しいのでそもそもSES企業自体を選択肢に入れないことも重要だと思います。

一貫したスキルが身につかない

SESでは、「客先で成果が出せないと現場を退場させられる」ことがあります。新人だとなかなか成果を出すことが難しいため、いくつかの現場を短期間で回る可能性もあります。

そうなった場合、せっかく今の現場でスキルを学び、これから頑張っていこうと思った矢先に現場が変わり、また全然別のスキルを扱うことになったりします。
こうなると一貫したスキルが身につかず、自分の得意なことや強みがなかなか身につかず今後のキャリア形成をうまく進められなくなります。

ではどういった企業が良いのか

結論から言うと

  • Sier
  • 受託メインの企業
  • 自社サービス事業を持っている企業

この3つの企業ですね。

これらの企業に共通することは、

  • 研修がしっかりしているところが多い
  • 社内で上司と一緒に働けて仕事に対するフィードバックが貰える
  • 教育のノウハウがある
  • 案件や仕事のスパンが長い

など新人が安心して仕事に取り組める環境が揃っているところです。

Sierは新卒だと入社しやすいのですが、中途未経験だと採用してくれないところが多いので、中途未経験の方はしっかり勉強した上で受託の企業か自社サービスの企業を狙いましょう。

それぞれの企業を探しやすい転職サイトも異なっているので使いわけて探してみると良いです。

企業転職サイト
SIerリクナビNEXTDODAなど大手求人サイト
受託GreenなどIT専門転職サイト、Wantedlyなどベンチャー企業が多いサイト
自社サービスWantedlyなどベンチャー企業が多いサイト

コメント