意外と知らない?IT業界のSIerとweb系の違いについて

ITの仕事について

IT企業への就職活動を進めるなかで、

エンジニア
志望のAさん

そもそもSIerとWeb系って何が違うの?
・有名なあの企業はSIer、Web系?
・入社するならどっちがいい?

といった疑問を抱いたことはありませんか?

私はSIerとWeb系の違いを詳しく理解しないまま就職活動を行ってしまいましたが、もっとIT業界について業界研究をしておけば・・と後悔しています。

これから就職活動する人はSIerとWeb系の違いについて必ず理解しておきましょう。なぜならこの2つでは仕事の進め方から職場環境まで大きく違ってくるからです。

この記事を読むことでSIerとWeb系の違いについてしっかりと理解できるはずです。そして2つの違いをしっかり理解した上で転職活動にのぞみましょう。

SIerとWeb系とは

SIer(システムインテグレーター)

SIerはシステムインテグレーションを行う会社を指します。システムインテグレーションは英語で「融合」という意味を表す単語。つまりSIerはシステムを融合させる会社という意味になります。

これだけでは何をする会社かわかりませんよね。

SIerの仕事はズバリ、

ある企業が使うシステムをその企業の代わりに開発してあげること。

たとえば銀行を例にとると、ATMでお金を預けたり引き落としたりすると口座の金額が変わりますよね。それを人間が手で紙に書いて記録しているわけがなく、口座を管理するシステムが金額を登録したり更新したりしています。ではこういったシステムを銀行の行員さんで開発できるでしょうか?

当然銀行で働いている方はお金の管理のプロであってもシステム開発のプロではないため口座システムの開発は難しいです。そこで企業に変わってシステムを開発する仕事を請け負うのがSIerと呼ばれる会社なのです。
もちろん銀行だけではなく、物流会社、商社、病院など様々な業界のシステムを請け負っています。

ビジネスモデル

SIerは前述のように他の企業のシステム開発を請け負い、開発したシステムを企業に納品することで利益を得ています。しかし、企業から請け負うシステムは基本的に大規模な開発になりやすく、請け負ったSIerだけでは開発の人員が足りないことがほとんどです。

そこで、システム開発ではシステムを受注した元請け企業から、2次請け、3次請け企業といくつかの協力会社に仕事を発注して協力して開発を進めていきます。

の構造を「多重下請け構造」といいます。

元請け企業は基本的に有名な大企業である大手SIerが多く、2次請け、3次請け企業は元請けより規模が小さくなり、中小SIerと呼ばれます。

SIerの種類

SIerと一言で言っても様々な形態があり、「国内ユーザー系」、「国内メーカー系」、「独立系」、「外資系」、「総研系」と大きく5つに分類されます。

国内ユーザー系

企業の情報システム部に端を発する会社。つまり、システムを利用するユーザー自身がシステムを開発する会社を作ったという意味でユーザー系と呼ばれている。

代表的な企業は「NTTデータ」、「伊藤忠テクノソリューションズ」、「新日鉄住金ソリューションズ」など。

国内メーカー系

一般的にはPCのハードウェアを作るメーカーと認識されている会社。ものづくりだけでなく、システム開発も行なっている。

代表的な企業は「富士通」、「NEC」、「日立製作所」、「東芝」など。

独立系

ユーザー系やメーカー系とは違い、特定の企業系列に属していないシステム開発会社。

代表的な企業は「日本ユニシス」、「富士ソフト」、「大塚商会」など。

外資系

外資でシステム開発を行なっている会社。

メーカーとしても有名な「IBM」、ITコンサルティングで有名な「アクセンチュア」など。

総研系

ITコンサルティング会社として活躍しているがシステム開発も行なっている「総研系」。

代表的な企業は「野村総合研究所」、「日本総合研究所」、「みずほ情報総研」など。

Web系

Web系企業の定義は様々ですが、自社サービスで利益をあげている企業というのが一般的な認識です。SIerが企業のシステム開発を請け負うBtoBなビジネスモデルに対して、Web系企業はBtoBをする会社もありますが、BtoCのビジネスモデルで利益をあげている会社が数多く存在するのが特徴です。

ビジネスモデル

ではWeb系と呼ばれるIT企業は自社サービスでどのように利益を得ているのでしょうか。

自社サービスといっても色々あります。例えばクックパッドですと有料会員からのサービス利用料がメインの収益ですし、ZOZOTOWNですと衣服の物販で収益を得ていますね。

いくつか例をあげると下記の表のようになります。

企業収益のあげ方
クックパッド有料会員使用料
ZOZOTOWN販売手数料
メルカリ仲介手数料
Facebook広告収入
Google広告収入

仕事の進め方、職場環境について

では仕事の進め方や仕事の環境について見ていきましょう。
SIerとWeb系ではビジネスモデルが違うので仕事の進め方と仕事の環境もかなり違ってきます。

仕事の進め方

システムの開発技法がSIerとWeb系では大きく異なります。SIerではウォーターフォールという開発技法をとり、Web系ではアジャイルという開発技法をとります。

出典:http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/column/01_agile.html

ウォーターフォール(Sier)

ウォーターフォール型は、

要件定義 → 設計 → 開発 → テスト

以上の工程を上から下へと順に作業を進める開発手法です。原則として前のフェーズに戻ることは許さず、システムの一貫性を保証する開発技法です。

企画、要件定義の段階で仕様をきっちりと決め設計を行い、仕様に明記された内容を全て開発することで開発完了となります。

SIerではプロジェクトに携わる人数が多いため、各工程に人を配置して作業をしていきます。
ウォーターフォールでは各工程で作業を分担することができるため大規模システムに向いてるといえます。

デメリットして、後で仕様に変更が生じた場合などに前に決めたことを修正しずらいことがあげられます。

アジャイル(Web系)

ウォーターフォール型が工程をきっちり分割するのに対し、アジャイル型は仕様に変更があることを前提にして厳密な仕様を決めず、おおよその仕様だけで 設計 → 開発 → テスト の短いイテレーションを繰り返し、開発を進めていく技法です。

web系の会社はユーザーのニーズに合わせてサービスを修正していく必要があるため短期間で開発のできるアジャイルでの開発が好まれています。

また、アジャイルでは小単位の「設計→実装→テスト」を繰り返していくため、不具合が発生しても手戻りの工数が少なくて済みます。

職場環境

SIerでは他企業のシステムを開発することもあり、開発現場のセキュリティがかなり厳しいことが多いです。例えば、以下の制限がかけられることがあります。

  • スマートフォンの持ち込み禁止
  • パソコンがインターネットに接続できない
  • 書類の持ち出し禁止

また、服装は基本的にスーツ着用となります。

Web系では上記の制限事項は基本的にありません。服装に関しても自由なところが多く、イヤホンで音楽を聴きながら仕事をできたり、リモートワークで働くことのできる企業もあります。

休み、残業

前提としてIT業界は完全週休2日、祝日休みで年間休日120日以上のところが多いので他業界と比べて休みは多い方です。

SIerではWBSと呼ばれる、「プロジェクトの作業を分解し各作業の担当者・開発時間などを設定した計画表」をもとに仕事を進めていきます。原則としてWBSは計画に無理のないスケジュールを設定するのでWBS通りに進めて行けば残業や休日出勤をすることはありません。

しかし、プロジェクトの途中で仕様変更が出たり、テストで多くの修正が必要になったときなどは納期に間に合わせるため残業や休日出勤が増えてきます。

対してWeb系では残業や休日出勤は多いのでしょうか。
Web系ではアジャイル型で開発を行うため、SIerで起こる急な仕様変更や多くの不具合修正による残業は起きづらいです。そのため残業時間はSIerより少ない傾向にあります。

しかし社員が休んでいても自社サービスは365日動き続けるので、サービスに不具合が生じた場合は休日であっても不具合対応のために出勤することはあります。

使用するツール

プログラミング言語、エディタ

SIerではJava、C#といったコンパイル言語を使うことが多いです。コンパイル言語の特徴として実行速度は早い分、記述がちょっと面倒だったり、コードを書き換えて実行するたびにコンパイルする必要があります。
開発ではEclipseやVisualStudioといったIDE(統合開発環境)を使うことが多く、テキストエディタは補助的に使います。ちなみにエディタはほとんどサクラエディタが使われます。

Web系ではPHPやRubyなどのスクリプト言語を使います。スクリプト言語はソースコードを1行ごとに解析するインタープリタ型のため、いちいちコンパイルを待つ必要はありません。そのためソースコードを書き換えてもすぐ実行することができます。またソースコードの記述量はコンパイル言語より少なめです。
開発ではVisual Studio CodeやAtomなどのエディタにコードを書いて開発します。

ドキュメント管理

SIerではドキュメント管理にExcelを使います。というかいたるところでExcelを使いまくります。VBAもシステムに組みこむことがあるのでVBAを勉強しておくと色々便利かもしれません。

Web系ではGoogleのスプレッドシートでドキュメント管理を行うことが多いです。また開発サイクルが早い会社だとドキュメントをほぼ使わずにソースコードが仕様みたいなところもありますね。

バージョン管理ツール

SIerだとSVN(Subversion)を使います。Gitを使うところもあるみたいですが自分はまだ見たことありません。

Web系ですとGitですね。GitHubも使えるのでソースコードの共有などでSVNより圧倒的に使いやすいです。

キャリア

SIerはサラリーマン的

SIerでは経験とスキルに応じて以下のようにキャリアアップしていきます。

テスター → PG → SE → PL → PM

最初はテストを専門に行うテスターから始まり、開発を行うPG(プログラマー)、設計〜開発のSE(システムエンジニア )、プロジェクトを先導するPL(プロジェクトリーダー)、プロジェクトを束ねるPM(プロジェクトマネージャー)とシステム開発の下流から上流へ上がっていきます。

これらの役割に厳密な決まりはなく、PGとSEを兼任していたり、PMがプログラムを書いたりも普通にあります。

Web系はフルスタックエンジニア

開発技法のところでも話したようにWeb系ではアジャイル型で開発していきます。SIerよりドキュメント作成にかける工数が少ないため開発に専念できます。また開発に関わる人数もSIerに比べて少なく、少数精鋭で回しているところが多いです。そのため将来的には、マネジメント、設計、プログラミング、インフラといった技術を持つフルスタックエンジニアであることが要求されます。

その後はそのまま会社で活躍したり、フリーランスになる人、自分で会社を立ち上げる人など様々です。

結局SIerとWeb系どちらがおすすめ?

新卒なら大手SIerかWeb系

新卒で入るなら大手のSIerかWeb系が良いでしょう。しかしできればWeb系へいくのがおすすめです。なぜならWeb系のほうが身につくスキルがSIerより圧倒的に多く、自分の市場価値を高めることができるからです。

SIerは良くも悪くもサラリーマン的。年功序列で長くいればいるほど給料も上がりますが、ドキュメント整備ばかりの仕事しかできないSIerも存在します。しかしSIerでも大手だと比較的研修がしっかりしており、現場で開発や設計をバリバリやらしてくれるところが多いです。

未経験中途採用でもWeb系は目指せる

未経験中途採用では中小SIerやSESに入るパターンが一番多いと思います。

結局Web系だと以下の理由でスキルのない人間は弾かれてしまいます。

  1. 少人数、短期間でプロジェクトを回すため高いスキルが求められる。
  2. そもそも会社の数がSIerより少ない。

しかしWeb系に中途未経験から入社する方法もあります。
一つは成果物や資格を持って、ゴリ押しする方法です。下記の記事中の「IT未経験者を採用する基準について」という項目に詳しい方法を書いてあるので見てみてください。

もう一つの方法はWeb系への就職専門のスクールに通うことです。

ポテパンキャンプさんはweb系の就職に特化したスクールです。Ruby on Railsを学ぶスクールで就職サポートがあります。ですがスクールに入るのに選考があるため、事前に基礎レベルのスキルを身につけて選考に受かる必要があります。

ほかだとひさじゅさんが運営しているRUNTEQですね。こちらもRuby on Railsを学べるスクールです。こちらのスクールはちょっと特殊で、はじめに選考カリキュラムを解いてもらい、受かればWeb系企業への選考が有利に進められるようになっています。
選考カリキュラムで不合格でも学習カリキュラムを受けることで、選考カリキュラムに合格するレベルまでスキルアップすることができます。

コメント